茨城県古河市の社会保険労務士 : 森田労務管理事務所 : 茨城県社労士会会長森田信雄 : 監督署対策 : 監督署の臨検、事業場調査
HOME ご挨拶 事務所案内 取り扱い業務 お問い合わせ アクセスマップ プライバシーポリシ
森田労務管理事務所
マイナンバー
賃金トラブル
社労士とは?
監督署対策
労務相談事例
ハローワーク求人
トップページ > 監督署対策 > 監督署の臨検、事業場調査
監督署の臨検、事業場調査

監督署の臨検、事業場調査

労働基準監督署(労基署)の臨検、事業場調査についてご説明します。

労働基準監督署は労務管理が適正に行われているか監督指導する機関であり臨検、事業所調査を行っています。

臨検とは重大な労災事故や従業員又は家族の訴えなどがあった場合、事業所に立ち入り検査行うことです。

事業場で業務中の重大な労災事故が起きた場合、救急車などを使った場合は警察に連絡が行き現場検証など行うので、その際、監督署にも連絡が来ますので、後日監督署から事業所に調査が行われます。この場合は主に安全管理が適正に行われていたか調査することになります。

又は労働者や労働者の家族から事業場の労務管理について訴えがあった場合、その訴えに基づいて事業場に調査を行います。主に残業代未払いや解雇、有給休暇与など労働者の賃金や待遇のトラブルについて労務管理が適正に行われているか確認します。

事業所調査とは抜き打ちで監督署が定期的に事業所をまわり、労務管理について調査を行うことです。

監督署は年度ごとに今年はタクシー業界、来年は建設会社など業種を絞って管轄地域の対象事業所を回ることがい多いです。

または、50人以上の事業所、以前臨検で是正勧告を受けた事業なども定期的に事業所調査を行うこともあります。

労災事故や労務トラブルなどの心当たりがなくても、監督署があなたの会社に突然やってくることがあるのです。

その時にあわてないよう対策を立てていきましょう。


森田労務管理事務所
306-0011 茨城県 古河市東三丁目18番23号
TEL 0280-31-0231FAX 0280-31-4529
Copyright (C) 2005 chingin.co.jp. All Rights Reserved.